相続税と贈与税 | 相続税申告、名古屋|協力税理士による無料相談サポート

相続での相続税発生したら名古屋相続遺言相談室へお気軽にお問合せください!

相続税と贈与税

相続税は、相続の際取得した財産に対し、相続人が課せられる税金の事ですが、
贈与税とはいったいどんな税金なのでしょうか?また、相続税との関係はあるので
しょうか?ここでは贈与税についてご説明させていただきます。

贈与税とは

贈与税とは、ある人から現金や不動産などの、贈与を受けた場合に課せられる税金の事です。 

贈与税の対象になるものとは?

贈与税は年間110万円を超える財産の贈与を受けた場合に、課せられます。

  • 現金・預貯金
  • 不動産(土地・建物)
  • 有価証券
  • 家屋
  • 営業権  など

個人の財産であるもの全てが対象になります。
ただし、贈与ではあるが、非課税の対象となるものもあります。
お見舞金やお香典、扶養義務者から受け取る生活費や教育費などは
非課税となります。

 

贈与税の課税価格

課税価格とは、納税義務者が1年間に贈与により取得した財産の合計額から110万円を
控除した額です。
婚姻期間20年以上の配偶者への移住用不動産の贈与があった場合は
2000万円までの配偶者控除もあります。 

こういった控除を差し引いた額に10%から55%にわたる累進税率表を適用し、
税額が計算されることとなります。


 相続税と贈与税による生前対策

上記でご説明させていただいたとおり贈与税は1年間の基礎控除額が110万円です。
この贈与税の基礎控除額を考慮して、相続税対策を考えていきます。

相続の際に一気に財産を相続させるとなると、相続税がかなりかかってしまうという場合、
生前のうちに贈与をして、相続財産を減らすことは有効な生前対策です。
年間110万円までならば申告も不要です。

つまり、なるべく生前に基礎控除範囲内で、例えば親から子へなど贈与していき、
相続の際に取得する財産を軽くしていくという事です。それは、相続税も軽くなるという
事です。また上記でご説明させていただいた、配偶者控除も一緒に活用していきながら
じっくり生前に相続税対策をしていきましょう。 

 

 

その他、相続税申告が必要な場合について、詳しくはこちら。

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
相談事例

アクセス

  • map
    地下鉄鶴舞線・桜通線
    丸の内駅5・6番出口より 徒歩 1分