相続税の申告について | 相続税申告、名古屋|協力税理士による無料相談サポート

相続での相続税発生したら名古屋相続遺言相談室へお気軽にお問合せください!

相続税の申告について

相続税の申告は相続が発生したことを知った日の翌日から10か月以内に税務署に相続税の
申告をしなければなりません。 

申告が必要なケース

  • 相続財産が基礎控除額を超えている場合

なお、以下を利用して非課税になった場合でも、その非課税になった旨を税務署に申告します。

  • 相続税の配偶者控除を利用する場合
  • 小規模宅地の特例を利用する場合
  • 公益法人などに寄付したときの非課税枠

 

修正申告

相続税の申告をした後に、万が一間違いに気づいた場合は、税務署に修正の申告をすれば
内容を修正することができます。 

 

更正の請求

相続税の申告した後に、多く申告した事に気づいた場合は、相続税の申告書の提出期限から
原則、1年以内に税務署に更正の請求をすることで、納付した税金が還付されます。

 

 

その他、相続税申告が必要な場合について、詳しくはこちら。

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
相談事例

アクセス

  • map
    地下鉄鶴舞線・桜通線
    丸の内駅5・6番出口より 徒歩 1分