名義変更(不動産) | 不動産の名義変更、名古屋の司法書士法人アプローチ

初回の無料相談から遺産相続、遺産分割協議書作成、名義変更、遺言書作成など相続手続き全般をサポート!

不動産の名義変更

相続によって、被相続人から不動産(土地や建物)を取得した場合、必ず、不動産の登記名義の
変更をしなければなりません。 

ご相談いただくお客様には、不動産の名義変更を放置したままで実家に住み続けていて、
いざ売却などをしたい時に手続きが困難であったり、売却できなくて困っている
方がよくおられます。不動産の名義変更をしなくても、法的には問題はないのですが、
後々のトラブルを防ぐ為にも、速やかに名義変更の手続きをしましょう。

 

不動産名義変更の手順

①不動産登記の名義変更に必要な書類を収集する

②遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成する

③不動産登記の申請書を作成する

④法務局に不動産登記の申請をする

 

登記申請に必要な書類

不動産登記の申請に必要な書類は、遺産分割の方法によって異なりますので、
注意が必要です。下記にて確認していきましょう。

法定相続人が一人である場合、又は法定相続分により相続する場合

必要があります。

被相続人の出生からお亡くなりになるまでの除戸籍謄本
②被相続人の住民除票又は戸籍の附票
法定相続人の戸籍謄本
法定相続人の住民票
相続する不動産の固定資産税評価証明書

 

遺産分割協議で分割した内容で相続する場合

被相続人の出生からお亡くなりになるまでの戸籍謄本
②被相続人の住民除票又は戸籍の附票
法定相続人の戸籍謄本
法定相続人の住民票
相続する不動産の固定資産税評価証明書
⑥法定相続人の印鑑証明書
⑦遺産分割協議書

 

 

その他、不動産・預貯金の名義変更について、詳しくはこちら。


 

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要