調停・審判による名義変更 | 不動産の名義変更、名古屋の司法書士法人アプローチ

初回の無料相談から遺産相続、遺産分割協議書作成、名義変更、遺言書作成など相続手続き全般をサポート!

調停・審判による名義変更

遺産分割の際、相続人同士で分割協議がまとまらない、分割協議が出来ないという場合、
相続人は分割についてを家庭裁判所に請求することができます。
その方法として、調停又は審判を求めることができ、それによって名義変更の
方法も異なってきます。下記にて確認していきましょう。 

 

調停により分割された場合の名義変更

調停により合意された場合、その内容を裁判所書記官によって調書に記載されます。
この調書は、確定判決と同じ効力があるので、これを金融機関や法務局に
提出することによって、
名義変更の手続き行う事ができます。 

名義変更の際の必要書類

  • 家庭裁判所の調停調書謄本あるいは審判書謄本(家庭裁判所で入手可能)
  • 預貯金の場合は、預貯金を相続した相続人の戸籍謄本と印鑑証明書
  • 被相続人の預貯金通帳と届出印

 

審判により分割された場合の名義変更

審判による分割は、家庭裁判所が分割の実施基準に従って分割を行います。
審判を下した分割内容は、審判書に記載されます。
相続人はこの審判書を金融機関や法務局に提出することによって、
名義変更の手続き行う事ができます。 

その他、不動産・預貯金の名義変更について、詳しくはこちら。


 

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要