遺産分割協議書とは | 遺産分割協議書作成、名古屋|司法書士が無料相談

相続で最も重要といっても過言ではない遺産分割協議書の作成を親身になってお手伝いさせていただきます。名古屋相続遺言相談室へどうぞ!

遺産分割協議書とは

ここでは遺産分割協議書の作成についてご説明いたします。

遺産分割協議書は、相続人全員により遺産分割協議にてまとまった内容を
書面に記載し、相続人全員の署名と実印を押したものをいいます。

この遺産分割協議書を作成しておかないと、後々の相続手続きの際に、
手続きができない場合もありますので、必ず作成するようにしましょう。

また、遺産分割協議書は遺産分割をした内容を証明する正式な書類となりますので、
後々相続人間のトラブルになった際も、どの相続人がどの財産を相続したのか、
主張することができます。

 

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書を作成する上で決まった書式などは特にありませんが、
記入するべき必要事項はありますので、確認した上で作成していきましょう。

遺産分割協議は相続人全員で

遺産分割協議は必ず相続人全員で行わなければなりません。
その上で作成する遺産分割協議書に関しても、全員の合意の元で作成します。
しかし、必ずしも相続人全員を集めて会議するまでは要求されません。

特定の相続人が遺産分割協議書を作成し、この内容に不服はなく、相続人
全員が協議しない事にも同意していれば、署名、実印を押してもらう
など方法がとられる場合もあります。

 

相続人全員の署名と実印が必要

遺産分割協議には必ず相続人全員の署名と実印が必要です。
実印以外ですと、相続手続きができない場合もありますので、
必ず実印を押印してもらいましょう。 

 

財産の詳細については正しく記入しましょう。

不動産に関しては、登記簿に記載されているとおり正確に記入しましょう。

預貯金に関しては、金融機関、支店名、口座番号まで正確に記入しましょう。

 

遺産分割協議書が複数枚になる場合は

遺産分割協議書が複数枚にわたる場合は、相続人全員の実印で割り印しましょう。


印鑑証明書の添付

遺産分割協議に実印を押印しますが、その実印の印鑑証明書を
遺産分割協議書に添付しましょう。 

 

その他の遺産分割と遺産分割協議書について、詳しくはこちら。

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
相談事例

アクセス

  • map
    地下鉄鶴舞線・桜通線
    丸の内駅5・6番出口より 徒歩 1分