遺言の執行 | 遺言書作成、名古屋|司法書士法人アプローチ

名古屋での遺言書作成なら名古屋相続遺言相談室へ!無料相談実施中!

遺言の執行

遺言者が亡くなられた際に、故人が遺した遺言の内容を実行する事を「遺言の執行
といいます。

この遺言を実行する上で、様々な相続手続きがあります。
遺言の執行をする者としては原則、相続人が行っていきますが、亡くなった方が遺言書に
より遺言執行者を指定することもできます。
例えば、亡くなった方が遺言で親族以外の他人に財産を遺贈するという意思を記していた場合、
ご親族である相続人の利害と対立するような内容である為、遺言執行者が指定される
場合が多くみられます。

 

遺言執行者を指定するには?

遺言執行者を指定する方法として以下があげられます。

  • 遺言者が遺言で執行者を指定する
  • 遺言者が遺言で特定の者に指定をお願いし、その特定の者が執行者を指定する
  • 相続人などの利害を有した者が家庭裁判所に請求し、指定してもらう。

 

遺言執行者ができる事

遺言執行者に指定された場合、どのような手続きを執行者として行うのでしょうか。
下記にてご確認ください。

  • 相続財産目録の作成をし、相続人に渡す。
  • 相続人の廃除などがある場合、家庭裁判所に申立をし、確定したら戸籍の届出をする。
  • 認知などがある場合、戸籍の届出をする。
  • 不動産の登記の名義変更をする。
  • 預貯金の名義変更をする。

などです。遺言執行者が行う事はこのように様々であり、重要な手続きを任せる事となります。
ですから、遺言執行者を指定する場合には信頼のおける人物にしましょう。

 

その他、遺言書の作成について


 

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
相談事例

アクセス

  • map
    地下鉄鶴舞線・桜通線
    丸の内駅5・6番出口より 徒歩 1分