相続の限定承認とは | 相続放棄・限定承認なら、名古屋の司法書士法人アプローチ

相続や相続放棄に関するご相談、無料で承っております。まずはお気軽に名古屋相続遺言相談室へお越しください。

相続財産の限定承認

限定承認とは、被相続人の財産にプラスとマイナスそれぞれの財産がある場合、
プラスの財産の限度で、マイナスの財産も相続するという事です。 

マイナスの財産があるのだが、相続したいプラスの財産もあるので放棄はしたくない
という場合に有効な相続方法です。

限定承認をしたい場合は、相続が発生した日から3か月以内に家庭裁判所に
申述を行わなければなりません。この期限を過ぎてしまうと、単純承認した事に
なりますので、早めの財産調査が求められます。 


限定承認の方法

限定承認をする場合は、熟慮期間内に、「相続財産目録」を作成し、相続人全員が共同してこれを
家庭裁判所に提出して申述しなければなりません。これは相続人一人一人の限定承認を
家庭裁判所が受理することができないからです。(精算手続きが煩雑になってしまう為)
上記の方法で、家庭裁判所が受理すれば、限定承認が成立することになります。


 

その他、相続方法(相続放棄、限定承認)について、詳しくはこちら。


 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要