3ヶ月過ぎた相続放棄 | 相続放棄・限定承認なら、名古屋の司法書士法人アプローチ

相続や相続放棄に関するご相談、無料で承っております。まずはお気軽に名古屋相続遺言相談室へお越しください。

3ヶ月過ぎた相続放棄

相続放棄は、相続開始から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述を行い、家庭裁判所から許可を得る必要があります。しかしながら、相続放棄をしようと思っても、3ヶ月過ぎてしまった場合はどうなるのでしょうか??

もうダメだ・・・と諦めるのは、少し早いかもしれません。
条件が揃っていれば、3ヶ月過ぎていても、相続放棄が受理される可能性があるからです。

通常、相続放棄は相続が起きたことを知ったとき(被相続人が亡くなられたことを知ったとき)から3ヶ月以内にしなくてはいけません。しかしながら、亡くなったこと(相続開始)は知っていたものの被相続人に負債があることは知らなかったので相続放棄はしなかったというケースにおいても、最高裁判決で相続放棄が認められました。

つまり、これによって相続放棄は、原則的に「相続開始」から3ヶ月以内であるものの、その後「相続財産に負債があることを知った時」から起算して3ヶ月以内であれば、家庭裁判所に申述を行って受理されるのであれば、放棄ができることになりました。

こちらの前提としては、①他の財産を相続していないこと、②家庭裁判所に申述して許可が得られることが要件となります。すべてが、必ずしも認められる訳ではありませんので、家庭裁判所に申述する文章をどのように作文して申述するかが重要となります。

まずは専門の法律家、司法書士にご相談されることをお勧めいたします。

 

相続方法(相続放棄、限定承認)について、詳しくはこちら。

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要