相続財産とは | 相続人調査と財産調査|名古屋の司法書士法人アプローチ

初回の無料相談から遺産相続、遺産分割協議書作成、名義変更、遺言書作成など相続手続き全般をサポート!

相続財産とは

相続財産とは、亡くなった方が遺した財産である、不動産や預貯金、金融資産などのことです。

相続財産にはプラスの財産(不動産や預貯金など)やマイナスの財産(借金など)が
あります。マイナスの財産をも相続財産となりますので、あまりにマイナスの財産の
方が多い場合は、相続を放棄する事も可能ですので、財産調査をしっかりした上で
判断していきましょう。

相続方法について

  • 相続放棄についてはこちら→相続放棄とは
  • 単純承認についてはこちら→相続の単純承認とは
  • 限定承認についてはこちら→相続の限定承認とは

 

プラスの財産って何?

借金ではない、取得することができる財産の事です。以下のようなものがあげられます。

  • 不動産関係(土地・建物)
  • 動産(自動車、機械など)
  • 債 権(売掛金や貸付金など)
  • 現金・預貯金
  • 株 式(被相続人名義の株式)
  • 生命保険金、死亡退職金(被相続人を受取人としているもの)

 

マイナスの財産って何?

金融機関や個人からの借金、住宅ローンなどの支払の義務が相続財産になります。

 

判断しづらい財産

被相続人が会社を経営していた場合

経営していた会社が株式会社であった場合、会社の所有は株主になりますので、
被相続人の相続財産にはなりません。この会社の株式を所有しているのであれば、
その株式が相続財産となります。

被相続人が会社を経営されてい場合は、相続が非常に困難な事が多いため、
一度専門家にご相談されることをおすすめします。

 

被相続人が知人などの連帯保証人になっていた場合

相続が発生した時点で、債務額がはっきりしている場合には、マイナスの財産となります。
知人がしっかり返済しているのであっても、相続するかは注意が必要です。

 

被相続人が借地権を有していた場合

借地権者としての地位が相続財産となり、同時に、借地の賃料の支払い義務も
相続財産となります。

 


その他、相続人調査と相続財産について、詳しくはこちら。


   

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要