相続関係説明図の作成 | 相続人調査と財産調査|名古屋の司法書士法人アプローチ

初回の無料相談から遺産相続、遺産分割協議書作成、名義変更、遺言書作成など相続手続き全般をサポート!

相続関係説明図の作成

相続関係説明図(略して相関図)とは、戸籍謄本を収集したことにより、相続人一人一人を確認し、
相続人の関係を分かりやすく図にしたものです。

作成をする上で確認する書類としては

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍・除籍・原戸籍謄本
  • 被相続人の最後の住所を証する書面(住民除票もしくは戸籍の附票)
  • 相続人全員の住民票
  • 相続人全員の戸籍謄本(亡くなった日以降の日付のもの)です。

相続関係説明図を作成する方法としては、紙に自筆で書いても問題ありませんが、パソコンなどで
作成するのもおすすめです。いずれにしても、容易にかき消せるもの(えんぴつ)などでの
作成は控えましょう。

相続関係説明図を作成する際には、被相続人の出生から亡くなられた日までの
戸籍謄本を全て確認し、抜けのないよう図にしましょう。
この相関図に不備があると、後々の財産の名義変更などの際に、提出先から指摘を
うける場合がありますので、ご自身で作成することが困難である場合には、
専門家である我々にお気軽にご相談ください。 

 

その他、相続人調査と相続財産について、詳しくはこちら。


   

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要