戸籍の種類 | 相続人調査と財産調査|名古屋の司法書士法人アプローチ

初回の無料相談から遺産相続、遺産分割協議書作成、名義変更、遺言書作成など相続手続き全般をサポート!

戸籍の種類

戸籍とは?

戸籍とは、被相続人の出生からお亡くなりになるまでの身分上の重要な事項が記載されている、
親族的な身分関係を公証する公簿です。
日本の国籍を有する者は、この戸籍に記載されております。


戸籍の種類について

現在戸籍

現在、戸籍謄本を請求すると、この現在戸籍が発行されます。

  • 戸籍謄本とは・・・本籍地の市区町村役場において戸籍の全部の写しを認証したもの
  • 戸籍抄本とは・・・ 本籍地の市区町村役場において戸籍の一部の写しを認証したもの

被相続人の戸籍を取得する場合、必ず「謄本」を取る必要があります。

 

除籍

  • 婚姻、死亡などでその戸籍の在籍者が全ていなくなった戸籍
  • 転籍をした戸籍

現在どなたも使用されていない戸籍を「除籍」と呼びますので、どなたかがお亡くなりになっても、
同じ戸籍で他の方が使用されている場合には「除籍」ではなく「戸籍」になります。
この除籍の全部の写しを役場において発行してもらった書類を除籍謄本といいます。

 

改正原戸籍

昭和32年法務省令第27号により書替えられた際の書替え前の戸籍で戸主を中心とした家族が
記載されている戸籍。

最近では各自治体で戸籍のコンピューター化が行われており、そのコンピューター化が
行われた際の原本となった紙の戸籍も改製原戸籍といいます。前述の改製原戸籍と
区別して平成改製原戸籍などともいいます。

 

その他、相続人調査と相続財産について、詳しくはこちら。


   

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要