財産調査について | 相続人調査と財産調査|名古屋の司法書士法人アプローチ

初回の無料相談から遺産相続、遺産分割協議書作成、名義変更、遺言書作成など相続手続き全般をサポート!

財産調査について

被相続人の財産の調査について、遺言書に全ての財産が記載されていれば
問題ないのですが、遺言書もなく、財産の有無が分からない場合、どのような
調査をすれば分かるのか、下記にて確認していきましょう。

相続財産が分からない場合
  • 被相続人の通帳から取引のあった金融機関へ残高証明を請求する。
  • 不動産に関しては、市区町村役場で名寄帳を
    取り寄せます。
  • 金融機関やその他の財産が分からない場合は、相続に詳しい専門家が対応可能です。
※生命保険など一部は調査が難しいものもあります。 
遺言書に記載の無い財産がある場合
  • 上記の方法で自分で調べるか、専門家に調べてもらう必要があります。
  • 記載の無い財産に関する相続方法が書いてあれば、
    遺言に従い、書いていなければ相続人全員で遺産分割
    協議書を作成して、遺産分割を行う。 
他の相続人が開示してくれない場合
  • 相続人であれば戸籍謄本を集めて、被相続人の財産を
    ある程度調べる事できます。
  • お金が掛かりますが、弁護士の先生に依頼して開示しない相続人に対し開示を請求することも出来ます。(遺産分割調停に向けての資料を集める形になります)

 

 

その他、相続人調査と相続財産について、詳しくはこちら。


   

 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要