相続人が未成年 遺産分割 | 名古屋で遺産分割なら、司法書士法人アプローチ

皆様がご不安な遺産手続きを手厚くサポート!名古屋相続遺言相談室へ!

相続人が未成年の場合の遺産分割

相続人の中に未成年者がいる場合、原則、未成年者は遺産分割協議には参加
することはできません。では未成年者の取り分はないの?そんなことは
ありません。きちんと法律上の手続きをした上で未成年者の代理人の方と遺産分割
協議をすることができます。 また、
未成年者が20歳になるまで遺産分割は保留にする
ことも出来ます。 

未成年者と代理と聞くと、その者の親がなるものと思われる方が多いと思います。
しかし相続に関しては、未成年者である子とその親が同一人の相続人同士である場合が多く、
(例に父の相続の場合の、母と子)お互いの利益が相反する事が考えられるので、
その場合親が代理人になることはできません。

子の財産を取得する権利は親でも脅かす事はできないのです。

そのような場合の特別代理人は家庭裁判所に申立をすることにより選任されます。


その他、遺産分割と相続人の権利について、詳しくはこちら。


 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要