遺留分減殺請求について | 名古屋で遺産分割なら、司法書士法人アプローチ

皆様がご不安な遺産手続きを手厚くサポート!名古屋相続遺言相談室へ!

遺留分減殺請求について

遺留分とは

遺留分とは、亡くなられた方が遺言書によって自由に財産の分割を指定しており、
法定相続人に財産が全くいかないようにしてある場合などは、残されたご家族の方が
あまりに不憫です。 また、相続人が財産を取得できなかった故に生活が困難になって
しまう場合もあります。このような事を防ぐ為に、相続人の権利である「遺留分」が
法律で定められています。 

この遺留分は、相続人に財産を相続する最低限の権利を保障しているものです。

遺留分の割合

  • 配偶者・直系卑属のどちらか一方でもいる場合は、各々法定相続分の2分の1
  • 直系尊属だけの場合は、法定相続分の3分の1
  • 兄弟姉妹だけの場合、遺留分はありません。

 

遺留分減殺請求について

遺留分減殺請求とは、上記でご説明させていただいた遺留分を侵害されている
法定相続人は、遺言書により財産を取得した受遺者や受贈者又は他の相続人に対し、
侵害額を請求することができるという制度です。

遺留分減殺請求を行うことによって、請求した相続人は法律で定められている
遺留分を確保することができます。
逆にこの手続きをしない限りは、遺留分ですら財産は取得できないのです。

 

遺留分減殺請求の方法

遺留分減殺請求の方法は、法律上の決まりは特にありません。
遺言書によって財産を取得した受遺者や受贈者又は他の相続人に対し、遺留分を
請求する意思表示をすることで、効力が生じます。
この場合は後日証拠として、内容証明郵便を用いるのが一般的です。
亡くなった方の遺言執行者が指定されている場合は、その方にも遺留分減殺請求を行う旨の
意思表示をしなければなりません。 

 

その他、遺産分割と相続人の権利について、詳しくはこちら。


 

お気軽にご連絡ください

0120-512-432
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要